2013年4月7日日曜日

チノスケ特訓中!

うも!ウシ担当のみなみんです♪
世間は入学シーズン真っただ中ですが、サドルバックでは動物の子どもたちも新しい一歩を踏み出しております◎

今日は去勢オスのジャージー牛、チノスケくんが主役♪

彼はもうすぐ1歳。
まだ密かにママのおっぱいを飲んでいますが、最近はお姉ちゃん(ノゾミ)のようにお仕事を覚えるべく、いろんな特訓をしています!

 

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---
 

彼には小さい子からご老人まで、多くの人に「いやし」「ぬくもり」を与えられる立派な牛になってもらいたいと思っています。
そこで今回の特訓では、ふたつの課題を用意しました。

特訓の様子をお伝えします(^^)/




「人を信頼し、人について歩く」

牛も群れで生活する動物なので、「仲間についていく」習性があります。
しかし、人についてきてくれないと困ってしまいます。汗
そこで、まずチノスケの信頼を得るため、ブラシをかけてやったり、いい子に出来たらご褒美(草)をあげたりします。
簡単なようで、これがなかなか根気のいる作業なのです・・・。



チノ担(チノスケ担当)になり、調教に燃える新スタッフ ↓


ご褒美タイム
ご褒美タイムは短時間なので必死。笑


 

美味しい青草の誘惑や、カサカサと色んな物音がする「山道コース」を歩く練習 ↓


山歩き♪
さっそく誘惑に負けそう・・・。


緊張して不安な様子の時に、どっしり構えて「大丈夫」と伝えるのも大切です。
のんびりしたイメージのウシですが、結構賢いので、良いことも悪いことも、しっかりと学習しているんです。



---*---*---*---*---*---*---*---*---*---
 
 

「誰とでも仲良くなれる」

人間となかよくなるのはもちろん、他の動物たちとも仲良くできるウシがいたら素敵ですよね。
ウマと仲良しなノゾミお姉ちゃんを見習って、年の近い仔馬たち(アヤメ&ジョウジマル)と仲良くなる練習をしました。
(最近子どもたちはお互いちょっと生意気ですし・・・。汗)


 まずはお互いに挨拶をして、敵か味方か・自分の立場は上か下かを探ります。 ↓
 

どうやって挨拶するの?
お互いの挨拶方法の違いに戸惑っています。笑



 まだよく分らない様子。不安で人に頼ってきます。「ねぇ、この子は何??」 ↓



この子は仲間?
「この子はウシ(ウマ)じゃないの?」



鼻を付け合わせたり、臭いを嗅いだり、舐めてみたり、齧ったり・・・・・・。

少しずつですが、なんとなくお互いを理解し始め、仲良くなれそうな気配です◎


 



美味しいものがあると、距離が縮まります。
警戒しながらも、一緒に食べています◎



ちゃんと見てるよ。
お昼休憩を取りつつ、子どもたちの様子を見守るスタッフ。




ケンカを始めて怪我をしないか、不安な様子でパニックになっていないか・・・
「はじめて」のことをする時は、ちゃんとスタッフが見守っています。

いざというとき、守ってくれる人間がいることで、動物たちも安心するのです。


---*---*---*---*---*---*---*---*---


と、今日の様子はこんな感じでした♪

これからも子どもたちの特訓は続きますので、応援よろしくおねがいしま~す(@^^)/



おまけ

桜の季節はまだ終わっていません!
おかめ桜、ソメイヨシノの後は、ぼたん桜(八重桜)が開花を迎えます。

サドルバックでは放牧場のぼたん桜が咲き始めました◎



ぼたん桜
ウマたちに食べられる前に収穫しないと・・・




開花し始めました♪
ぼたん桜は花が豪華ですよね◎



小田原方面にいらした際にはぜひ、お立ち寄りください(^^)


みなみん