2013年4月13日土曜日

サクラを摘みました!

んにちは!今日もみなみんです♪
でも今日は動物の事ではありません。


サドルバックでは毎年恒例行事となっている、桜摘みをしました!!



今回はその「桜摘み」の様子をお伝えします◎


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


私たちが摘む桜は、ぼたん桜(八重桜とも言います。)の「カンザン」という品種。
よく食用に用いられ、塩漬けにしたりするそうです。香りはほんのり甘いです♪





摘む前
ぼたん桜「カンザン」


使うのは収穫した桜を入れる袋背負いカゴハシゴロープ
それから横に伸びる桜を引き寄せるための引っかけ棒

 


これから摘みます!
桜摘みに使用する道具たち。


古い道具を見てみると、手作りで、しかも機能的なので感心します。
材料も農家ならではの廃材であったりと、「あるものを使って、自分の使いやすいものを作る」というのはカッコいい◎
(昔この牧場はみかん農地でした。)


て、・・・・・・摘みますか!!



桜摘みスタート!
今年の桜の状態をチェック。

 

摘み始めると早速問題発生!
ちょっと触れただけで花弁がハラハラと・・・散ってしまう!

どうやら摘むには2日ほど遅かったようで、今回はやさしく摘まないと、私の技量ではせっかくの花がほとんど落ちてしまいそうでした。汗



・・・3時間後・・・



時間が掛ってしまいましたが、どうにか摘めるだけ摘みました!


 
たくさん採れたかな?
収穫したら、背負いカゴに移します。
 


きれいです♪
収穫された桜たち。


桜の触り心地は「しっとり・ふわふわ」
いい香りもして、思わず顔を埋めたくなります(^^)


桜を摘み終えると、道具を片づけて背負いカゴを「よっこらしょ!」
これがなかなか重い・・・。



よっこらしょ!
一仕事終えた、みなみん。



摘んだ桜はどうするかと言いますと・・・
専門の業者の方に出荷しています◎

「今年は少なくて・・・」とモゴモゴ言いながら、収穫した桜をコンテナに入れます。



収穫量は・・・
コンテナ3つ分でした。汗


 
なるほど、へぇ~。
桜について講義を受ける、みなみん。


集荷に来た業者さんが、「ここを見てみな、ほらな・・・」と丁寧に桜の咲き方や、今年はどうして収穫量が少なかったのかなどを教えてくれました。勉強になります◎



最後に量りにかけて、どれくらいの花の量だったか重さで判断します。
「フウタイ」(花を入れているカゴの重さ)、「正味」(カゴの重さを抜いた、花だけの重さ)など、普段使わない言葉が出てきてまた新鮮でした◎



心配・・・
量が少なかったので心配な、みなみん。汗




桜摘みをはじめ、いろいろな専門の職業の方に知識や経験談を聞くのはとても楽しいものです。
若者としてはとてもありがたい事に、たくさんの「先生」たちがいるので、これからもいろいろな勉強をさせて頂きたいと思います◎



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



と、「ぼたん桜」が終わるということは・・・

以前からお知らせしていた「桜の季節」がついに終わりを迎えようとしています。。。



なんだか寂しい気もしますが、サドルバックにはまだまだ季節の植物たちがたくさん控えています♪
「サドルバック農業部」も密かに?動き出しているようなので、またお知らせいたします(^^)/




ちなみに今日は弓くらべスクール開催日ですね!!みなさん頑張りましょう♪



みなみん